ご挨拶

研究者の皆さん、学術研究支援室をご活用ください!
下川先生写真

研究開発推進機構 機構長
理事(研究 ・ 国際担当)
下川 功

 本学の研究力の向上を目指し、2011年12月に研究推進戦略室が設置されました。2014年4月に研究推進戦略本部に改組され、さらに、2018年7月に研究開発推進機構 研究推進部門 学術研究支援室に改組されました。

 これまで、外部資金獲得支援、研究情報基盤の整備、全学的な研究戦略の立案に必要な情報の収集と研究力分析など、研究者が研究に専念できる研究環境の改善及び本学の研究力強化に繋がる多彩な支援活動を行ってきました。今後も、国際競争力の向上のために、学内のニーズを汲み取りながら、本学の特徴・特色・強みを生かした独自の研究支援活動を進化させ、本学の一層の研究力強化、研究活動活性化を支援していきます。また、インスティテューショナル・リサーチ(IR)室と連携した、研究戦略立案のための学内外の情報収集・分析、論文情報に基づいた研究力分析と本学の強みとなる研究分野の把握なども欠かすことができない活動です。さらに、これらの情報に基づいた学内の優れた若手研究者の発掘と支援、大型プロジェクトの獲得支援、研究プロジェクトの企画、異分野融合研究の推進、研究成果の国際発信なども、今後当室が取り組むべき重要な役割だと考えています。

 このような活動のために、当室には、専門知識と研究支援経験を持つ人材をリサーチアドミニストレーター(URA)として配置しています。支援のご希望をURAにお伝えください。また、URAは様々な活動を通じて研究者ネットワークの形成の支援も行っています。学内外の共同研究相手を探したいとき、異分野研究者と意見交換したいとき、当室のURAは、研究者の希望を叶える「場」を提供します。

 当室の活動内容と成果を本ホームページにて皆様に発信します。ご理解とご支援をよろしくお願い致します。URAに望むこと、当室で動いてほしいことなど、是非とも、建設的かつ先取的なご意見・ご提案をお寄せください。できる限りお応えしたいと思います。