HOME

第4回「科学者の不正行動に関する研究会」開催のご案内

                                                                                                             平成29年11月15日

関係者各位

                                                                               「科学者の不正行動に関する研究会」

                                                                                                                    座長:河合孝尚

第4回「科学者の不正行動に関する研究会」開催のご案内

この度、研究不正に関する第4回「科学者の不正行動に関する研究会」を開催致します。

ご多忙のところとは存じますが、ぜひご出席いただけますようお願い申し上げます。

【研究会の目的】

今日、科学者が行う学術活動において様々な不正行為(例えば論文不正や研究費不正など)が起きており、そのため科学者には研究活動のほかに社会的な責任や様々な法令遵守等が課せられている。今後、大学等の学術機関は研究活動のグローバル化や留学生の増加など一層国際化していく動向にあり、それと同時に管理面の強化や倫理教育等の教育等も行っていかなければならない。

このような状況を鑑み、本研究会では、科学者の不正行動について多角的な視野から検討し、科学者の不正行動の原因や対策等について検討する。そして学術活動における科学者の不正行動を未然に防止するための方策等について意見交換を行うものである。

※本研究会では「意図的な不正行為」のほかに「意図的ではない不正行為(例:「無知」による不正行為)も含むので”不正行為”ではなく”不正行動”と呼ぶこととする。」

  • 日時:2017年12月15日(金) 10:30 ~ 15:00
  • 場所:筑波大学東京キャンパス(東京都文京区大塚3―29−1)

地図は先URLをご参照ください http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

  • 参加費:無料
  • プログラム
  1. 本研究会の開催にあたって:河合孝尚(長崎大学、当研究会座長)
  2. 10:30-12:30

・講演①「責任ある研究活動推進におけるURAの役割(仮)-東北大学における事例-」

:臼澤 基紀(東北大学 研究推進・支援機構URAセンター)

・講演②「AMED事業「医療分野における研究不正行為に関する意識調査及び心理的要因分析-」国内の医療研究機関等での研究不正防止に関する実態調査の中間報告-」:佐藤 弘基(九州大学 国際法務室)

 

~ 昼食休憩(12:30-13:30) ~

 

  1. 13:30-14:30

・講演③:「研究公正、科学の品質管理と科学の社会的信頼」:小林信一(筑波大学 元教授)

  1. 次回の開催案内等
  2. ※研究会に関する協議(14:30-15:00、関係者のみ)
問合せ・申込先(事務局(担当:石井))

Mail:fuseikoudo.kenkyukai@gmail.com

[申込方法] 氏名、ご所属、役職、連絡先(E-mail、電話番号)を右記のメール宛に御連絡下さい。

[申込定員] 50名(先着順、定員に達したら締切)

[申込期限] 2017128()まで

◀一覧へ戻る