HOME

2019年度 JST A‐STEP機能検証フェーズ「試験研究」タイプ(第2回)/「実証研究」タイプの応募サポートについて

表題事業の募集が、5月23日(木)より開始されます。本事業は、「企業の開発ニーズに基づき、技術移転の可能性が見込まれる大学シーズの活用のための研究」を趣旨とする競争的資金です(詳細は、下記JSTホームページをご覧ください)。
研究開発推進機構では、URA若しくはコーディネータ(以下、「CD」)が「橋渡し人材」※として、申請書のブラッシュアップ等のサポートを実施します。

※「橋渡し人材」とは本申請課題を、事業化に向けて、継続的に支援できる役割を担う人材のことです。研究開発期間中から事業化に向けた調整・進捗管理などを行うことで、事業化に向けた取り組みの促進を担います(公募要領より、一部修正)。 また、申請書には「橋渡し人材」の記述を必要とする項目があります。

【サポート内容】
担当するURA/CDが申込者へご連絡します。ヒアリングなどにより申請内容の把握に努め、併せて書き方のポイントをお知らせします(長崎大学版申請書フォーマットをご提供いたします)。その後、申請書のブラッシュアップを実施します。

【サポートの申込み】
申請をお考えの場合は、以下の項目を記述のうえ、メール等で研究開発推進機構・研究推進部門へお申込みください。サポート申込み締切日 2019年6月7日(金)
※お申込みいただいた方から順次対応させていただく予定です。早めの申込みをお願い致します。
※「橋渡し人材」を研究開発推進機構以外でご依頼されている場合、連絡は不要です。
(1)氏名
(2)所属部局、役職
(3)電話番号
(4)メールアドレス
(5)支援のタイプ(試験研究タイプ・実証研究タイプ)
(6)申請タイトル(仮題、キーワード程度で可)
(7)連携企業の有無(有りの場合は、企業名をお知らせください)

【申込み・問い合わせ】
研究開発推進機構 研究推進部門 森、江口
(内線:2205、2208  Email : senryaku@ml.nagasaki-u.ac.jp)

【事業概要】
〇公募
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
(JST A-STEP URL)http://www.jst.go.jp/mp/index.html

〇事業名(研究開発費の総額:採択予定件数)
・2019年度A-STEP 機能検証フェーズ 試験研究タイプ第2回(上限300万円:50課題程度)
・2019年度A-STEP 機能検証フェーズ 実証研究タイプ(上限1,000万円:10課題程度)

〇募集期間
・2019年5月23日(木)から2019年7月23日(火)正午

〇その他
・同一の研究代表者が2019年度A-STEP機能検証フェーズに複数の課題を応募することはできません。
・医療分野(AMED領域)の研究開発は原則として募集の対象外です。

◀一覧へ戻る